日本経済

『新・日本の階級社会』(橋本 健二著、講談社現代新書、2018年1月発行)

三省堂書店の新書売上げNO.1ということで買ってみたが面白い。というか、日本の社会を社会調査データを使って鋭く分析している。特に、第5章の女たちの階級社会は、実に的確に女性の階級を描いているように感じる。昔のように皆が貧乏な状態から努力して豊か…

『人手不足なのになぜ賃金が上がらないのか』(玄田有史編、慶應大学出版会、2017年4月発行)

なかなか素晴らしい企画だと思う。第3章のバス運転手の例は、規制緩和の悲劇とも言える。路線バスや高速バスの規制緩和があったことで、事業者が増え、競争が厳しくなった。運賃が安くなることで利用者には良いが、しかし、事業者にとっては利益を上げにくく…

日本は2015年頃を境に経済のエンジンが冷える時代に入る。シュリンクする時代に生き延びる企業をどのように作るか?

1月25日(金)は久しぶりに面白い講演を聞いた。元週刊ダイヤモンド編集長で、その後ダイヤモンド社の社長、会長を務めた岩佐豊氏による「これからの10年、勝ち残る企業の条件」という講演です。3時間たっぷり岩佐節炸裂でした。大よそ次のような話です。■…