『第三帝国の興亡 2』(ウイリアム・シャイラー著、東京創元社、1961年刊)

第2巻の中心は、戦争への道1934年から1938年である。

1936年ラインランド占領はフランスの影に怯えながら、ライン川を渡り、非武装地帯を占領する。

1938年オーストリア併合は1937年に準備を開始した。ヒトラーは1937年には戦争に乗り出す決意を固める。1938年3月オーストリア消滅。

1938年ズデーデンの併合。英・仏がチェコにズデーデンを引き渡すように勧告する。ミュンヘン協定を結ぶ。もし、ドイツ軍が10月1日をもってチェコに進軍する準備をしていたところ。英仏は腰を引いてしまう。チェンバレンの平和への取り組みはヒトラーに機会を与えたのみ。

1939年チェコの解体。